読まれるメルマガの極意

当たり前のことかもしれませんが、メルマガはお店や会社などが、読者登録されている相手に対して同じメールを一斉に送信するものです。
もちろん受信する側もそのことは百も承知です。
しかし、ここで「あなただけに送っている」という気持ちにさせることが読まれるメルマガ作りの重要ポイントとなります。
もちろん、読者一人ひとりに対して別々のメールを作成することはできませんし、そのようなことをしていては費用対効果が薄れてしまいます。
では、どのようにすればよいのか。
それは、まずは書き手の意識を少しだけ変えることです。
メルマガを書く際に、ターゲットとなる特定の相手(もちろん架空の人で構いません)を想定しながら文章を書くようにしてみましょう。
これまで不特定多数に対して漠然と書いていた文章が、言葉の端々で変化してくるはずです。
そして、その変化は必ず読み手である読者にも伝わるものなのです。
また、読者の名前を入れるというのも基本中の基本と言えるでしょう。
メルマガ発行ソフトなどでは、ほとんどの場合登録情報にフィールド設定等、特定の情報を入力することが可能です。
決められた記号を入れれば、そこに登録された名前が挿入されるもので、受取った側としては、自分の名前が書かれていると、嬉しいものですよね。
例えば、メルマガの文書の中で「読者の皆さんへの特典をご用意しています」と書かれているよりも、「山田花子さんへの特典をご用意しています」と書かれている場合。
どちらの印象が良いか、どちらのメルマガのURLをクリックしてWEBサイトを訪れるかは自明ですね。

便利なWEB・通信サービス関連の情報サイトはこちら♪

Bookmark / SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加