読者数は量より質が大切

メルマガを発行しているなら、その読者数はとても気になることの一つですね。
読者数が多ければ多いほど、自分が発信する情報を見てくれる人が増え、結果としてWEBサイトへの誘導数が高まると考えるのは当然のことです。
しかし、本当に数が多ければそれだけ効果が高まると言えるのでしょうか。
答えは残念ながらNOでしょう。
確かに読者数に対するクリック率が一定であれば、母集団が多ければ多いほどクリック数は多くなりますので、目的とするWEBサイトへの誘導が可能になると言えるかもしれません。
しかし、誘導したいあなたのWEBサイトには必ず目的とするターゲットがあるはずです。
若い女性向けの商品を取り扱っているショップなのに、男性の購読者を増やしても意味がありません。
同じように、ゴルフアイテムを取り扱っているショップなのに、10代や20代といった若者の読者を増やしても意味がないのです。
つまり、あなたのショップや会社がターゲットとする人が読者として集まらなければ、メルマガをどれだけ発行しても「売上増」という成果にはつながらないのです。
懸賞や無料プレゼントなどで闇雲にアドレスを集めても全く意味がないような場合もあるのです。
では、どのようにして読者を増やしていくことが大切なのでしょう。
読者を増やすには、やはり「お金」や「時間」が必要になります。
お金をかけずに、コツコツと増やしていくという方法が良いのでしょうが、すぐにでも売上アップ効果を高めたいという場合には時間がかかってしまいます。

便利なWEB・通信サービス関連の情報サイトはこちら♪

Bookmark / SNS
このエントリーをはてなブックマークに追加